院長プロフィール

 タテノ     ナナミ

立野奈菜美

・鹿児島生まれの鹿児島育ち!

子供の頃から大の動物好きで、これまでに犬やうさぎ、ハムスター、小鳥、カメ、鑑賞魚 などたくさんの動物たちを飼ってきました。そのため、患者としての立場で動物病院に通うことも多く、自然と獣医師を目指すように なりました。

 

・鹿児島大学獣医学科を卒業

大学在学中は動物の一般的な病気に加えて、けいれん発作や捻転斜頸、眼振などの神経症状を専門とする研究室に所属し、脳神経疾患について知識を深めました。

・鹿児島県の開業動物病院に勤務

診療の基本は「見る、聴く、触る」ことで、決して疎かにしてはいけないと叩き込まれました。また、1次診療の勤務医として幅広い分野の診療経験と手術の執刀経験を積みました。

 

・鹿児島大学付属動物病院にて研修

大学病院では主に診療補助として脳神経疾患や心臓病、泌尿器疾患、腫瘍の専門的な知識について学びました。研修中には1次診療(ホームドクター)と2次診療(高度医療施 設)の違いとそれぞれの良さを身をもって経験しました。

 

・東京都練馬区のグループ動物病院の本院に勤務

担当医制の病院だったこともあり、一人一人の患者様や動物たちとしっかりと向き合い、 これまでに学んできた知識や経験がさらに洗練されました。   

 

・動物病院 練馬SavePets開院

皆様の身近なホームドクターとしてペットとの幸せな毎日をサポートします。 画像診断施設や大学病院などの2次診療施設と連携し、高度医療にも対応できるよりよい 獣医療を目指したいと思います。

・所属学会:日本獣医がん学会

 

 

動物でも人でも死因の1位は依然として「がん」です。人間の話になりますが、日本人の2人に1人は「がん」を患う時代になりました。がん治療はまだ研究段階の部分も多く、治験が行われたり、治療法も年々アップデートされています。日々進歩を続ける獣医療をよく吟味し、各患者様に合わせた最善の治療プランを提示できるよう、精進してまいります。